不動産売却

年収に合わせたタワーマンション選び!賃貸か?購入か?

投稿日:

タワーマンションは、価格が安いものや中古物件もありますが、平均して7000万円もするような物件が数多く登場しています。
平均価格だけを見ても、そう簡単に購入できるものではありません。資産家や平均以上の年収を稼ぐサラリーマンや株式上場企業の経営者などが購入したり、賃貸で借りたりしています。
タワーマンションに住むには、賃貸か?購入か?どちらがいいのでしょうか?

タワーマンションに住むために必要な年収とは?

タワーマンションは、通常のマンションと比べると明らかに家賃や購入価格が高めに設定されています。
販売価格だけを見ても、新築なら億を超えるような物件が多数分譲されています。
タワーマンションのことを「億ション」を呼ぶのも当たり前なのかもしれません。設備や共用施設もハイグレード、最高級といってもよいぐらいのイメージがあります。
年収でいえば、1千万円以上の方が住む場合の基準となると考えられますが、タワーマンションにもいろいろなグレードがあり、ピンキリです。平均的な年収でも住むことができるタワマン物件も登場しています。

タワーマンションの家賃相場

タワーマンションの賃貸物件は、一人暮らしや二人暮らし向けの間取りの物件を見かけることがほとんどです。
若い世代や単身世帯など、ワンルームや1LDKの物件が多いので、家賃はそれほど高くなりません。
都心のタワーマンションであっても、月額家賃が8万円~のタワーマンションも存在します。高い家賃でも30万円もあれば、ワンルームや1LDKの間取りの物件に住むことができます。
しかし、ファミリー向けの賃貸物件は数が少なく、分譲賃貸になり家賃が高額になります。
タワーマンションの家賃相場は、通常賃貸マンションの平均よりやや高めだということになりますが、一般的に家賃は手取り金額の3分の1が目安だといわれていますので、手取り月収が24万円以上あれば、安い賃貸物件に住むことができます。
しかしながら、低価格のタワーマンションの賃貸物件では、コンシェルジュサービスがなかったり、豪華な共用施設が使えなかったりする場合があります。
高級タワーマンションに住むつもりなら、月収は100万円以上、年収にすれば1000万円以上が必要であると考えられます。

タワーマンションの購入価格相場

一般的なマンションを購入する場合、年収の5倍の金額までが購入価格の目安です。
平均価格7000万円の高級タワーマンションに住む予定なら、1400万円以上の年収が必要です。
タワーマンションは、中古物件もありますので、実際の相場価格は、3000~6000万円程度です。最低ランクのタワーマンションなら、年収600万円~でも購入可能という計算になるでしょう。
住宅ローンを組む場合は、年間の返済金額は年収の25%以内に収める必要があります。月額13万円以上の住宅ローン返済金額でも、今住んでいるマンションの月額家賃よりも安いということであれば、中古タワーマンションの購入も見えてきます。
タワーマンションを購入できるかどうかは、年収の額や住宅ローンの月額返済額に耐えられる家計、年齢などの条件をクリアできていることが前提となります。

タワーマンションに賃貸で住む場合

今すぐ購入できない方、収入は高いが長期の住宅ローンが組めない方、タワーマンションに一度でいいから住んでみたい方には賃貸をおすすめします。タワマン生活が自分に合うようなら、お金を貯めて近い将来、住宅ローンを組んで購入することができます。
賃貸で見かけるタワーマンションは、たいていが分譲仕様のタワーマンションです。

高級仕様を希望ならタワーマンションは分譲賃貸

高級仕様に住みたい、他の居住者と同じように共用施設やコンシェルジュサービスを利用したいということであれば、分譲の高級タワーマンションがおすすめです。販売を目的に建てられており、賃貸のように採算を考えた設計や設備ではなく、価格に応じたグレードの設計や設備になっているからです。
こうした分譲の高級タワーマンションにも一部ですが、賃貸用の物件が出ることがあります。
多くはオーナーが転勤、出張の間だけの家賃収入を得るために貸し出しているものです。古いタワーマンションになると、当初は分譲仕様であったものが、次第にリノベなどが実施され賃貸用物件に変えられていく場合もあります。

タワーマンションには賃貸用物件もある

タワーマンションによっては、分譲仕様のマンションであっても、一部賃貸用の住戸を作っている場合があります。こうした賃貸マンションは、明らかに賃貸用のお部屋ではありますが、高級感のあるタワーマンションの部屋として作られています。同じように見えるタワーマンションの賃貸用物件でも積極的に賃貸募集をしているところは、賃貸用として作られた物件であると考えていいでしょう。
高級タワーマンションですので、住民がころころと入れ替わるのを嫌う方もいます。
そのため、分譲賃貸ではなく賃貸専用の住戸を作るところが多く、分譲の賃貸物件の募集は出ない場合がほとんどです。

東京都内なら20~50万円の家賃が目安のタワーマンション

東京都内の高級タワーマンションなら、一人暮らし用1Kのお部屋なら20万円~、間取りが3LDKで100平米近い広さのファミリー向け賃貸物件なら家賃も50万円~になっています。
賃貸価格は、専有面積と階層により値段が上下します。タワーマンションは、一般的なマンションの家賃相場と比べると、2~6倍の差がありますが、広い面積の物件が多いので、実質家賃の差は3倍程度に収まると考えていただいていいでしょう。
先にもご説明したように、タワーマンションの賃貸物件に住むための年収の目安は、家賃の3倍程度となっています。

タワーマンションを新築で購入する場合

人気の高級タワーマンションを購入する層も必ずいます。新築の高級高層タワーマンションが飛ぶように売れるのも嘘ではありません。平均価格は、7000万円以上しますし、多くは新築の時点で億を超える超高級物件ばかりが取引されています。
こうした高級タワーマンションを購入する層は、年収が1000万円を超えています。年収1000万円は、夫婦共働きなら意外と簡単に実現できる年収です。場合によっては世帯年収なら2000万円近くなる場合もあるからです。
さらに都心のタワーマンションは、相続対策や外国人投資家も購入することが多く、シニア層も購入しているのが現状です。

新築は建物建築前に購入する

新築のタワーマンションは、人気物件ほど広告も派手に実施され、購入前に全て完売してしまう場合があります。
すでに建築済みのタワーマンションや中古タワーマンションに比べると、はるかに競争率が高く、希望するお部屋が手に入らない場合があります。
また、まだ建築前ですので、建築後の建物と室内のイメージが異なっていたり、予定していた引き渡し日が延期になったり、申し込み時点と物件の引き渡し時点では、ご自身の環境も激変していたりします。
将来は何が起こるかわかりません。資金計画には余裕を持って新築タワーマンションを購入すべきでしょう。

人気物件は先着順になる!

人気の新築タワーマンションは、現物の建物が建っているわけではありませんので、モデルルームやイメージでしかタワーマンションのことを確認することができません。
購入方法も、先着順や登録といった購入方法になります。
住宅ローンの審査や購入意志確定が遅れると、希望のお部屋が無くなっている可能性があります。
登録の場合は、抽選が行われますので、抽選に漏れると希望のお部屋が手に入らない可能性があります。

モデルルームでしか建物や室内の確認ができません

モデルルームは現実のお部屋とは違います。同じお部屋を確認したわけではありませんし、図面だけを見てもイメージがわきません。天井の高さや梁の位置などは、平面の図面ではわかりにくいので注意してください。
住宅ローンの仮審査から本審査までの期間が空くことが多いので、何らかの事情によりキャンセルになってしまうリスクもあることを知っておきましょう。
人気の新築タワーマンションは、全額キャッシュでの購入が優先されるはずです。
住宅ローンを組む場合は、希望のお部屋を押さえることができない場合があります。

タワーマンションを中古で購入する場合

中古タワーマンションが人気になっており、都心のタワーマンションの価格が上昇傾向にあります。
今なら割安な中古タワーマンションを購入し、安定した資産価値を維持しながら、長期間一等地に住むことができます。
新築よりも手に入りやすい中古高級タワーマンションも激戦です。優良物件を見つけたら、迷わずに買い付けを入れたほうがいい場合があります。

都内人気のタワーマンションの近年の価格相場

セントラルレジデンス新宿シティタワー
坪単価は約291万円、16階1R37平米では3300~3700万円です。

http://www.srhome.co.jp/img/photo/0002/0067/68414300000107e_03.jpg

http://www.srhome.co.jp/img/photo/0002/0067/68414300000107e_03.jpg

パークコート麻布十番ザ・タワー
坪単価は約523万円、18階2LDK57平米では8700~9600万円です。

https://www.nomu.com/images/catalog/P00/0077/P0010077_0102_25.jpg

https://www.nomu.com/images/catalog/P00/0077/P0010077_0102_25.jpg

他にもクロスエアタワーや赤坂タワーレジデンストップ オブザヒルなどが有名です。
いずれも坪単価は、500万円を超え、上昇傾向にあります。

頭金を用意して余裕のある資金計画を立てる

タワーマンションの中古価格は、3000~6000万円です。
一般的なマンションを購入する場合、年収の5倍の金額までが購入価格の目安ですので、人気の中古高級タワーマンションを狙っているとしたら、無理せずに手頃な価格の賃貸物件に住みながら、今から頭金を貯めるようにしてください。
購入資金総額の二割程度の頭金があれば、住宅ローンも余裕を持って組めますし、ワンランクグレードの高いタワーマンションに住むことができます。
手付金や諸費用は現金で必要になることがありますので、住宅ローンが組める場合でも余裕のある資金計画を立てて実行していかなければなりません。

今後はどうなる都内高級タワーマンションの価格!

2020年の東京オリンピックが中期的な価格のピークであると言われています。急激な価格上昇ではなく、緩やかな価格の上昇に変わっており、富裕層や海外投資家の購入も落ち着いてきています。
そのため、中期的には高級タワーマンションの価格は調整局面に入り、逆に一般層が購入しやすい価格に落ち着くのではないかとみられています。

まとめ

年収に合わせたタワーマンション選びが必要です。
タワーマンションは、平均して7000万円もするような物件が数多く登場しており、そう簡単に購入できるものではありません。資産家や平均以上の年収を稼ぐサラリーマンや株式上場企業の経営者などが購入したり、賃貸で借りたりしています。
ここでは、高級タワーマンションに住みたい場合に、賃貸や購入で必要となる年収の目安について検証しました。

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.