不動産売却

街の不動産屋の仕事のよいところ、悪いところ、一日の流れ!

投稿日:

不動産屋は、私たちもよく知っている身近な存在です。たまに賃貸やマイホームの売買でもお世話になることがあります。不動産屋にはいろいろな仕事があり、オフィスや商業施設の建物を手掛けたり、賃貸管理などを行っている会社もあります。
不動産屋の仕事内容やその一日、働いている人に聞いたメリット、デメリットについて紹介していきます。

街の不動産屋の仕事とは?

不動産屋で取り扱うものといえば、土地、アパート、マンション、戸建て住宅です。他にもオフィスビルや商業施設の建物も、大手不動産会社が取り扱っています。
不動産会社や不動産屋は、主にこれらの各種不動産の売買、賃貸、管理、仲介業務などを行うことを仕事にしています。
街の不動産会社では、不動産の売買やそれ以外の仲介、管理などの業務を行っています。

不動産屋で働いている人

不動産業界には、多くの人が従事しています。
アパートやマンションはいろいろなところにありますし、駅前には必ず不動産賃貸のお店や不動産会社の本支店があります。
また、夢のあるマイホームを売りたいという人も多く、モデルルームなどで働く人やファミリー向けの建売住宅や注文住宅を紹介する仕事をしている人もいます。
デベロッパーなら、建物を建てるための土地を探して地権者と交渉を行うような仕事もあります。
不動産管理会社は、オーナーの代わりに物件管理を行う仕事をしています。
内勤の仕事は、どの会社にも共通する仕事が多くなりますが、ホームページの物件情報を随時更新したり、不動産売買契約書などの契約書を作成したりする事務手続きの仕事が多くなります。
いずれにしても全て不動産に関する仕事です。不動産が好き、夢のある仕事をしたい、スケールの大きな仕事をしたい、物件に関わるご家族やさまざまな人と接することが多いので、接客業務が好きな方にもおすすめできる仕事です。

不動産屋って何をしている?

不動産屋で一番わかりやすい仕事は、部屋を借りたい人に賃貸物件を紹介する仕事です。
他には家を売りたい人や買いたい人の間に立って買い手や売り手を探す不動産の仲介業務があります。
不動産の管理業務も日常の重要な仕事です。共用部の電灯が切れたら交換してくれますし、定期的に清掃してくれます。賃貸契約を結ぶときにも大家さんの間に入ってくれるのが不動産屋です。
もう少し規模の大きな仕事としては、分譲マンションや戸建て住宅をまとめて企画開発する仕事もあります。
不動産屋でも分譲の戸建て住宅・分譲マンションを販売する業務や自己所有不動産の賃貸業務も行っています。住居以外では、駐車場やオフィスビル、商業ビルのテナントなどを貸す業務もあります。

街の不動産屋は仲介や管理が主業務

街の不動産屋になると、不動産の仲介や管理が主な業務となります。
不動産屋の仲介は、売り手と買い手の物件の売買仲介と賃貸物件を貸す人と借りる人とを仲介する仕事があり、いずれも仲介手数料が発生し、不動産屋の収入となります。
一年を通じて繁忙期や閑散期などがはっきりしていますが、常に仕事があるわけではありません。
一方、不動産の管理は、賃貸契約に基づく管理と建物の維持管理です。
オーナーからたくさんの物件の管理を依頼されると、安定した収入になります。
不動産の管理業務は、オーナーに代わって入居者と契約したり、家賃の督促をしたりするものです。また、管理している建物を清掃し、設備の点検、維持管理を行います。

給料はいいのか?

不動産業界の仕事が面白いという人は、きつい仕事であっても、モチベーションを高めてずっと続ける人が多くなっています。そのため、業界経験の長い人は高い収入を得ています。
未経験や無資格、異業種からの転職でもチャレンジする人が多い業界です。
不動産屋の仕事で高報酬が得られるのは、歩合制の分譲物件の売買営業です。
売った金額の数パーセントの報酬が入ります。
また、宅地建物取引業の資格を取得すると資格手当がもらえる会社もあります。

不動産屋の仕事は幅が広い!

不動産屋の仕事は幅が広く、好きな仕事、得意な分野があれば、次々と成果を出して高い報酬を得る人や社内でも昇進していく人がいます。資格を取って起業する人もいます。地道に行う仕事からスケールの大きな仕事まで、不動産屋の主な仕事について一つ一つ見ていきましょう。

仲介業務

不動産の仲介業務は、不動産屋の仕事の中でも最も基本的な業務です。不動産の売買や賃貸の際に、買主や売主、貸主と借主の間に入り、売買契約や賃貸契約を結ぶ仕事です。

管理業務

管理業務は、不動産屋の日常の仕事です。
管理の対象となるのは、オフィスビル、賃貸アパート、賃貸マンションです。オーナーから依頼を受け、入居者の募集、入居者の審査、賃貸契約などの事務手続き、クレーム処理、家賃を滞納した入居者への督促や賃貸物件の維持管理まで代行することがあります。

販売、買取業務

土地の分譲、マンション、建売住宅などの販売を行うことがあります。
そして、販売の他、中古マンションの買取業務も行っています。
買い取った中古マンションや戸建て住宅は、リフォームやリノベーションを行い、再販しています。

デベロッパー

自社で行う大規模な住宅開発、都市再開発、リゾート開発、分譲などです。
大規模な開発になりますので、三井不動産、東急不動産、野村不動産、阪急不動産、東京建物などの大手企業が中心になって手掛けています。

投資用不動産の販売

不動産屋では、ワンルームマンションなどの投資用不動産の販売も行っています。
賃貸用の不動産物件を人に貸し、家賃収入を得ることができます。自社でも賃貸業務を行うことがありますが、不動産投資家に販売する業務も行っています。

不動産コンサルティング

不動産会社では、顧客の所有不動産の有効活用に関する相談やアドバイス業務も行っています。

不動産屋の一日、忙しい時期とは?

不動産屋ではどんな仕事をしているのでしょうか?一日の仕事の流れや忙しいと言われる週末の業務についても見ていきましょう。
ちなみに従業員は10~20人程度です。不動産の賃貸や売買、マンション管理、リフォーム関連などの不動産関連業務を行う比較的規模の小さな会社を想定しています。

午前中の不動産屋

業務開始時間は午前9時です。事務所の掃除やごみ拾い、車の掃除などを行い開店前の準備を行います。
10時前には朝礼が行われます。
顧客との約束のある営業マンは外出します。その他の予定のない営業マンは、物件の外観見学や物件調査、室内写真の撮影を行います。物件の近くにあるお店やスーパー、駅前までの距離や近道など、顧客に有益な情報を仕入れています。
これは、物件の案内時に、住みやすい街であることをアピールし、成約につなげるためです。

午後の不動産屋

午後からは貸主へのアポ取りを行います。リフォームの提案があれば連絡します。
新規物件があれば、データベースへの登録作業を行い、物件調査を続けます。
すでに掲載されている物件の調査や管理、メンテナンスも行います。
その後、営業電話、アポ取り、空室確認などを行います。
一日の終わりには、日報を書き、次の日の準備をして店舗を閉める作業を行います。

週末の不動産屋

不動産屋の平日はそれほど忙しくありません。たいていは水曜日が休みです。
週末の金、土、日、祝日などは、相当な忙しさです。週末は不動産屋の稼ぎ時ですので、残業時間が大幅に増えるときです。
お客様の都合により、物件の案内をしたり、事務所で契約をしたりします。物件と事務所の移動でかなりの時間を費やします。お客様が来店している間は、お店のスタッフもずっと残りますし、新規の契約では、手続きや契約もスピードを重視されます。
週末は仕事をしているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。

Sponsored Link

働いている人に聞いた不動産業界のよい点・悪い点

不動産業界は、就職や転職でも高い人気を誇る業界です。土地や建物、オフィスやお店、商業施設などといった生活している人の最も身近なものを取り扱う仕事です。
そこで、今現在不動産業界で働いている人や過去に働いていた人の意見や口コミをピックアップしました。

お客様の記憶に残る仕事ができる

直接お客様に接することができ、土地や建物などを通じて、その人や家族の生活、人生などに密接に関わることができます。
そして、お客様の念願のマイホームの夢を叶えるお手伝いもできます。
これから何十年も住んでもらうお住まいです。いつまでもお客様の記憶に残る素晴らしい仕事だと思っていいでしょう。
大きな取引をまとめると、報酬も大幅にアップします。

出世しやすく給料がよい

不動産に関連する資格がたくさんあるので、仕事で活用する資格を取得すると資格手当があり、報酬もアップします。
営業に関しては、実力主義の会社が多く、ノルマが達成できれば、販売した分だけ給料に反映されます。安定度は、設計や用地担当などの別の職種や仕事のほうが高いといえます。
社長や役員などの役職についている方の年齢が若いことが多く、実力次第で20代や30代でも出世ができます。
不動産会社では、重要なプロジェクトを任されることも多い仕事です。

売上ノルマが厳しい

マイホームの購入では、リピーターが少ないので売上ノルマの達成には苦労します。
苦労して契約をまとめても、成約後のキャンセルもありますので、その後の処理が大変です。
数千万円~億単位の大金を取り扱いますので、真剣に仕事に取り組む必要があり、そうした仕事が続くと神経をすり減らすことがあります。

深夜残業、休日出勤が多い

不動産業界は、2~3月は繁忙期で仕事が集中します。体力や精神的な強さも必要です。
日常では、土日が仕事の中心です。土日が休日が休みの人と同じように休みが取れません。
そのため、労働時間が長くなりがちです。閉店してからの雑務が長く、帰りが遅くなることがほとんどです。深夜残業も多くなります。
水曜日が休みでも顧客からの電話連絡があれば、休日出勤する日があります。

まとめ

不動産業界の事情や不動産屋の仕事の紹介、不動産の仕事のよいところ、悪いところの他、一日の仕事の流れなどについてお伝えしました。
就職や転職でも人気の不動産業界は、給料も高く実力主義で出世もしやすくなっています。
しかし、ノルマが厳しく残業が多いなどの大変な一面もあります。

家を査定するだけで400万円も高く売れた!

不動産価格ってどこで売っても同じと思っていませんか?

地域や不動産の種類によって、得意な業者、苦手な業者さんは分かれています。既に見込み客を多く抱えている不動産屋に依頼出来れば、早く・確実に・高く売れるので一括査定は間違いなくおすすめです。

登録はとても簡単!

3分くらいの入力を終えれば無料で査定が出来ます。

ざっくりとした相場を知って損をしないためにも一括査定は有用です。

Sponsored Link

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.