不動産売却

気になるマンションとアパートの違いと選び方

更新日:

賃貸物件には大きく分けてアパートとマンションの2つがあります。実際に物件を見に現地に行ってみると、どこが違うのかはっきりしないことに気づきます。鋭いあなたのためにこの2つの違いや選び方について解説します。

マンションとアパートの分類基準はあいまい

アパートとマンションはどのように分類されているのでしょうか?

名前でマンションかアパートなのかは判断できない

アパートやマンションは、その名前では判断できません。アパートのようならアパート、マンションのようなマンションと分類されています。宅地建物取引業や建築基準法などにも明確な分類の基準はありません。実際の現場では不動産会社のほうで自由に決められています。

コーポやハイツ、メゾンなどのカタカナ語はそれぞれに意味があって名付けられています。他にも最近多いのが、カーサ、レジデンス、コート、ハイムなどです。それぞれに本来の意味があって、部屋を借りる人がすぐにイメージできるようなよい印象を与えることができます。

マンションとアパートは、構造上の違いで分類することが多いわけですが、どちらが優れているのか簡単には判断ができません。木造住宅や軽量鉄骨造をマンションと呼ぶ場合もありますし、誰もがアパートと思っていた賃貸物件もマンションのような名前が付けられていたなんていうことも実際にはよくあるようです。

構造で分類することが多いマンションとアパート

マンションとアパートを区別するときに使われるポイントは、構造や階数の他、建物の性能によっても判断されています。

構造は木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などのいくつかの種類があり、木造や軽量鉄骨造であれば「アパート」と認識されます。いろいろな物件を見ても、木造のマンションと呼んでいる物件は少なくたいていがアパートとして分類されていることに気づくはずです。

マンションとアパートを階数で分ける方法もあります。アパートは2階までしかないものが多く、3階以上あればマンションとして区別されます。2階だけしかなければエレベーターも不要ですし、木造の建物のエレベーターをつけることは稀です。構造上の問題もあり、3階以上のマンションにはたいていエレベーターが設置されているはずです。

最後は建物の性能となりますが、アパートとマンションでは見た目はよく似ていても建物の性能に大きな違いがあります。構造でも取り上げたように、鉄骨鉄筋コンクリート造のマンションは、強度も強く、防音性や防犯性にも優れています。耐火性も高くなっていますが、気密性が高く通気がよくありません。アパートは、通気性がいいのでカビの発生がほとんどありません。

このように建物の構造の違いが性能の違いにも反映されています。

 

マンションとアパートのメリットやデメリットについて整理

マンションとアパートは構造上に違いがあることがわかりました。今度は実際の住み心地やメリット、デメリットについて考えてみましょう。

マンション

マンションは、外観もしっかりしていて建物も大きく階数も3階以上、総戸数も数百戸あるマンションも存在します。多くの人が出入りするため、高層階の方が利用するエレベーターも2基以上用意されていたり、常時オートロックでセキュリティーも万全です。日中は管理人がマンション全体を管理していたり、清掃をしてくれたりします。豪華できれいなエントランスも大きな特徴です。

マンションは、鉄筋コンクリート造なら防音性がとても高く、アパートと比べると室内で静かに過ごせます。住み心地を重視するならマンションです。それだけ家賃も高くなり、住む人の質も上がります。騒音トラブルが少ないのもマンションのメリットですが、夜中に大人数が集まって騒いだりすることのないように注意してください。管理費や共益費などはマンションのほうが高くなります。

アパート

同じような間取り、広さならアパートのほうが家賃も安いことが多いのでマンションよりもメリットが感じられる面もあります。構造は、木造や軽量鉄骨がほとんどです。一つの建物に住んでいる人の部屋数も少なく、高さが2階まで、エレベーターもついていません。問題となるのが、防音性です。上階だけではなく、隣に住む人の生活音まで聞こえてきます。廊下を歩く音も聞こえます。普段も静かにしていなければ、ご自身の生活音もお隣や下階にまで響いてしまいます。

マンションに比べると防犯性に劣ります。簡単にドアの前まで入ってこられますし、管理人もいないことがほとんどです。防音性や防犯性を気にする方は、アパートよりもマンションを選びましょう。

先にデメリットをお伝えしましたが、アパートにもたくさんのメリットがあります。建築費が圧倒的に安いので、アパートのほうが家賃が安めです。管理費や共益費もかかりません。駐車場が無料で借りられる場合もあります。広い間取りに加え、ロフトやクローゼットなどの容量たっぷりの収納スペースがあり、複数箇所に設置されています。洋服をたくさん持っている方や趣味のアイテムが多い方には、アパートをおすすめします。

 

マンションとアパートを選ぶ際の基準


マンションとアパートを選ぶ際の基準についてお伝えします。それぞれの良さがわかれば、あなたにぴったりのお部屋を探すときの参考になります。

構造上の違い

マンションとアパートは、明確な分類基準はありませんが、実務上は建物構造で分類されていることがほとんどです。

アパートは、木造や軽量鉄骨造の建物です。多くは木造と鋼材を使ったプレハブ造です。
マンションは、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の共同住宅です。強度や耐震性に優れており、高層マンションは必ずといっていいほど鉄筋あるいは鉄骨鉄筋コンクリート造です。

差がつきやすい防音性

一般的にはマンションのほうが防音性が高いと言われています。アパートでも防音性を高めた建物も存在します。騒音や生活音が気になる神経質な方は、お隣がどのような人が住んでいるかどうかも含めて、どの程度騒音がするかをよく確認してください。

階段から遠く角部屋であれば、歩く足音やお隣の生活音も減って住みやすくなります。アパートはマンションと比べると遮音性に劣りますので、幹線道路、繁華街、学校などが近い場所だと外からの騒音がひどく窓を閉めていても音が聞こえてしまいます。

住み心地のよさ

住み心地のよさはマンションに軍配が上がると言われています。

騒音や生活音に関するトラブルが軽減されているからです。家賃を重視する方は予算のこともありますしアパートを選ぶべきでしょう。神経質な方はマンションのほうが無難です。周辺環境にも気を配りましょう。低所得者の多いエリアであれば、家賃が安く設定されていることもあり学生や若い人が多く住んでいることがあります。夜中に騒いで寝られなくなることもあります。マンションだと騒音は軽減されますが、アパートだと騒音に耐えられなくなることもあります。

住んでいる人の質の問題

住民の質はとても重要です。これはマンションでもアパートでも同じです。新築で見た目はきれいなお部屋であっても周辺環境がよくなければ、住民の質もよくありません。家賃が高ければ、支払い能力のある方がお住まいになりますが、お部屋をきれいに使い、マナーのよい住民であるとは限りません。若い方であれば部屋で騒ぐ方も多くなります。

物件を見学したときに、共用部分、ゴミ捨て場、郵便受けのチラシやゴミ、駐車場の改造車の存在、自転車駐輪場の使い方など、一つ一つ丁寧に使われているのかどうかをよく確認してください。ちょっとしたことから住民の質がよくわかってきます。

 

Sponsored Link

マンションを選んだほうがいい人、アパートを選んだほうがいい人


ここではマンションを選んだほうがいい人、アパートを選んだほうがいい人など、それぞれの使用を想定した具体像に迫っていきます!

女性はマンション

女性はできればマンションにしたほうがいいでしょう。エレベーターがついていますし、1階の物件では防犯性に劣ります。生活音も気になります。窓からの侵入や下着泥棒の被害にも遭いにくいようになっています。

マンションは、オートロックや防犯カメラが設置されているところがほとんどです。さらに最近のマンション物件では宅配ボックスが設置されており、留守をしていても宅配物を受け取れます。マンションなら管理人も時間帯により常駐しています。独り暮らしの女性なら何かあったときには管理人さんに頼ることができ安心です。

予算が限られている人はアパート

マンションとアパートとでは、同じ広さ、同じ間取りで比較すると家賃に差が出ます。マンションのほうが1万円以上高いということもよくあります。予算が限られている方は、アパートのほうが広くて住みやすい物件を選ぶことができます。男性や休日であっても日中はあまり部屋にいない方であれば逆に家賃の安いアパートを選んだほうがいいかもしれません。

荷物が多い人はアパート

物持ちや片づけができない人は、できる限り広い部屋で収納スペースや収納箇所がたくさんあるアパート物件がおすすめです。マンションになると、厚い壁により部屋の広さが犠牲になってしまいます。大切な趣味のコレクションをたくさんお持ちの方には、室内を広く使えるアパートが最適です。アパートはロフトや大容量のウォークインクローゼットのスペースが取れる余裕があるため、予め設置されている場合が多く、物件を見学したときにも広い部屋がいいという理由で選ばれる方がいます。

 

まとめ

マンションとアパートは、その名前で厳密に区分することはできません。それぞれの特徴をよく知り、利用する人や購入する人に合ったお住まいや物件を選ぶことがとても重要です。

家を査定するだけで400万円も高く売れた!

不動産価格ってどこで売っても同じと思っていませんか?

地域や不動産の種類によって、得意な業者、苦手な業者さんは分かれています。既に見込み客を多く抱えている不動産屋に依頼出来れば、早く・確実に・高く売れるので一括査定は間違いなくおすすめです。

登録はとても簡単!

3分くらいの入力を終えれば無料で査定が出来ます。

ざっくりとした相場を知って損をしないためにも一括査定は有用です。

Sponsored Link

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.