不動産売却

簡単に儲かるの?コインパーキング経営の全てを解説いたします

更新日:

家の近くを散歩していると、住宅地のところどころに以前にはなかったコインパーキングがあることに気が付くでしょう。若者の車離れが進んでいるとは言いますが、警察による路上駐車の取り締まりも厳しくなり、これもコインパーキングが増えている一因と言えます。

また所有している土地を有効利用できないかと考え、コインパーキング経営に参入したいと考えている方も多いと思います。今回はコインパーキングの経営は儲かるのかどうか、メリットデメリットなどについて解説をしたいと思います。

コインパーキング市場は今後も期待できるのか

最初に触れたように、従来は繁華街にしかなかったコインパーキングは、近年住宅街でも多く見かけるようになりました。月極駐車場が多かった市街地もコインパーキングに変わったり、コインパーキングの一角にカーシェアリングやレンタカーのスペースも増えてきています。さらに景気回復や自動運行システムの普及、電気自動車の普及により個人及び法人の車の増加も見込まれています。

住宅地のパーキングの需要については、駐車場がある家もありさほど必要がないと考えがちです。しかし来客があったり、工事の為に業者の駐車場は必要不可欠なものとなっています。住宅地の駐車場は大きなものは必要なく、小規模のコインパーキングの需要は必ずあります。

コインパーキングの経営を考えている人は、周辺の駐車場の空き状況を確認するのも良いでしょう。その近辺の空車率が低ければ駐車場として成功する可能性は大と言えます。

 

コインパーキングを経営するメリットは

折角土地を持っているならば、放置せず駐車場として利用することでさまざまなメリットを享受することができます。

有効に土地利用ができること

コインパーキングは建物を建てる必要がないので、空きスペースがあれば簡単に設置することができます。土地を借りて経営する場合でも、契約期間を短くすれば、契約を結びやすくなります。元の状態にも簡単に復帰することができ、売却も可能になります。

管理会社を利用すれば手間いらず

コインパーキング運営会社に管理を委託すれば、すべての管理業務を一括して行ってくれます。経営者は土地を提供するだけで、一切の手間がかかりません。

初期費用が掛かりません

管理会社に委託すればすべての準備をしてくれますので、機器や看板などの初期費用は掛かりません。経営者は管理会社に手数料を支払うだけで、一定期間決まった賃料を受け取ることができます。

狭いスペースでも設置可能

駐車場は1台自動車を置けるスペースがあればよく、狭いスペースでもコインパーキングを作ることができます。従いまして利用する人がいれば、利益を出すことができます。

人件費か不要なこと

人が管理することなく機械が全てを行ってくれますので、人件費がいりません。人が起こすトラブルの心配もありません。

所得税を安くできる可能性がある

更地をコインパーキングにしても、固定資産税額が変わることはありません。しかしコインパーキングの経営をすることで、機器類の整備費用等を経費として計上することができます。確定申告をすることで給与所得など通算することができ、所得税を軽減できる場合があります。

 

コインパーキングを経営するデメリット

土地を駐車場として利用する場合には、アパートやマンションなどの利用方法と比べると不利な面もあります。特に税制の面ではデメリットもあることを、よく頭に入れておく必要があります。

固定資産税が上がる可能性がある

空き家をコインパーキングに転換する場合には、住宅用地ではなくなります。それゆえ固定資産税の軽減措置が受けられなくなり、固定資産税が上がってしまう可能性があります。コインパーキングにすると住宅地の5~6倍になる場所もあります。従いまして固定資産税以上の収入がなければ、赤字になってしまいます。

なお相続税の評価についても、更地評価となり、賃貸住宅のように相続税の軽減措置を受けることはできません。

賃貸住宅のような大きな収入は期待できない

コインパーキングは初期投資額が少ないですので、その分賃貸住宅経営と比べると大きな収入を得ることができません。また近くに新規業者が出店した場合には、駐車料金を下げざるを得ないこともあります。

不正駐車の恐れがある

長い期間自動車を放置したままにされると、その期間駐車料金が未収となってしまう恐れがあります。また機器類を盗難されたり、機器の破壊により営業できないことも考え保険などに加入する必要があります。

 

管理会社に委託するのが良いのか直接管理するのが良いのか

コインパーキングの経営は駐車場管理会社に委託する方法と自分で直接経営する方法があります。
それでは委託する場合と自分で経営する場合のメリットデメリットにつて解説いたします。

駐車場管理会社に委託する場合

駐車場の経営というものは、ただ場所を提供すればよいというわけではなく、駐車場についてのさまざまな業務が発生します。駐車場の管理業務としては敷地の舗装・駐車場の機器の設置・募集・賃料の回収・メンテナンス・トラブルについての対応などがあります。

これらの業務を駐車場管理会社に委託する場合には、一括借り上げ方式いう契約方法により管理をしてもらうこととなります。この方法ですと経営者は土地を提供するだけで良く、資金を出す必要もなくすべて対応してくれます。駐車場保有者は特別の管理面での仕事はなく、駐車場管理会社から駐車料金をもらうだけです。

しかし管理会社の中には地面の舗装や・駐車場の機械等の費用について保有者が負担する場合もありますので、契約書をよく読み契約することが必要です。

駐車場管理会社に依頼する場合は、駐車場管理会社に手数料を支払わなければなりません。それゆえすべてを自分で運営管理する場合と比べると、利益は少なくなります。

自分で直接管理する場合

管理会社等を通さずに自分で管理する場合には、委託するより多くの収入を得られる可能性があります。しかしすべての業務を行わなければなりませんので、肉体的にも精神的にも大変であるということができます。たとえば夜間に機器や料金精算のトラブルが発生する可能性もあります。そんな時に自分で対応するのは、難しいと言えるでしょう。そんなトラブルや不正駐車などに対応してくれる、アウトソーシング会社に運営を委託するのも良いでしょう。

一括借り上げ方式を採用するか自分で管理するかは、コインパーキングの大きさや立地・経営者のスタミナ・ライフスタイル・どの程度の利益がほしいのかなどによって変わってきます。

コインパーキングが大きな場合には清掃や機器トラブルなどメンテナンスも大変ですので、管理会社に委託した方が楽でしょう。他方あまりスペースが大きくない場合には、スタミナもさほど掛かりませんので、直接管理するのもやり方次第ではさほど難しくないかもしれません。

 

コインパーキング管理会社の選び方

コインパーキング経営者が一括借り上げ方式で契約する場合には、多くの収入を得られることも大事ですが、手間がかからないことが一番です。そのためには、管理会社がコインパーキング管理のノウハウを十分持っていることが必要です。

前述のように駐車場に関する管理業務は多岐にわたります。お客様に気持ちよく利用してもらうには清掃が行き届いている、定期的に機器のメンテナンスが行われている、クレーム対応が迅速であるなどがあげられ、これら広範な業務にきちんと対応できる会社と契約しなければなりません。全国的な組織で大手のパーキング管理会社も加入している、「日本パーキングビジネス協会」に加入している会社であれば、信頼できる可能性があります。

信頼できそうな会社が何社か候補としてピックアップできたら、次に複数の会社に見積もりを出してもらいます。収入の見通し、業務の内容を比較検討し、ビジネスパートナーとして信頼できる管理会社を選定し契約します。コインパーキング管理会社によっては外構や敷地のアスファルト舗装・整備費用などは別途経営者の負担としている場合も多く、見積内容をよく検討することも大事です。

いずれにしても誠心誠意の対応をしてくれる会社が、最終的には信頼できるということです。

 

コインパーキング経営に必要な費用

一括借り上げ方式で必要な費用

運営管理を一括借り上げ方式で委託する場合には、初期費用を含め原則お金がかかることはありません。だだしアスファルト舗装は経営者負担としている場合もありますので、見積もり段階で確認しておくことが必要です。初期費用は掛からないというのは、コインパーキング経営の大きなメリットと言えます。

自分で管理する場合に必要な費用

コインパーキングをすべて自分で管理する場合には、さまざまな費用が掛かります。先ず駐車場であることを示す看板・敷地の舗装・料金支払機の設置・ロック板の設置・夜間の照明機の設置などが必要になってきます。

料金精算機で100万円程度・ロック板は1台につき20万円程など、これらの費用は駐車場の広さによりますが、総額で約300~400万円ほどになるでしょう。機器類については、リース方式により対応してくれる会社もありますので確認すると良いでしょう。

 

コインパーキング経営で発生するトラブル

最後にコインパーキングで発生するトラブルについて解説いたします。駐車場経営をする場合に避けて通れないことですので、予め考えておく必要があります。

機器類の故障

よくあるトラブルとして機器類の故障があります。利用者が精算しようと思ってもできない、ロック板が下がらず車を出せないなどのトラブルが発生することがあります。

不正駐車

駐車したまま放置した為に、意外に高額な料金になり支払えないということもあります。またいつまでたっても利用者が精算に現れないというケースもあります。

駐車場における事故

駐車場における事故は物損事故であろうと人身事故であろうと、当事者同士で解決するのが原則です。従いまして当事者が警察に届け、保険会社が対応することになります。しかし機器類・設備類が原因での自損事故もあり得ますので、その場合はコインパーキング管理者が責任を問われることになります。

いずれのトラブルも個人経営者が直ちに対応するのは大変な面があります。一括借り上げ方式の管理会社やアウトソーシング会社に依頼するのが楽な方法と言えます。

 

コインパーキング経営についてまとめ

コインパーキングの経営は、さまざまな側面があることがお分かりいただけたかと思います。土地が空いているからと言って、簡単な気持ちではコインパーキングの経営に携わることはできません。ご自身で管理すべきか管理会社に委託するべきか、この記事をぜひ参考にしていただきたいと思います。

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.