不動産売却

ぜひ住んでみたいコンクリート打ちっぱなしの住宅!メリットとデメリットは?

更新日:

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、スタイリッシュでかっこよく是非一度住んでみたいと思いますよね。
外観から見ると、耐火性はありそうですし、防音性も優れているような感じがします。
しかし実際住んでみて、住み心地はどうなのでしょうか?

今回はコンクリート打ちっぱなしの住宅は本当に住むべきなのか、そのメリットデメリットについて解説をしいたいと思います。

コンクリート打ちっぱなしとは

コンクリート住宅は、木枠の中に柔らかな生コンクリートを流し込み、固まったら木枠を外すとコンクリート面ができあがります。
通常はここでタイルや石などを貼ったり、仕上げ材などを使います。
しかし手を加えることなしにそのままの状態で仕上げることを、コンクリート打ちっぱなしと言います。

外壁や内壁などに使われますが、無機質でスタイリッシュな雰囲気があり、デザイン性の高い住宅に使われます。
コンクリート打ちっぱなし住宅を美しい仕上がりにするためには、高い専門的な技術と繊細な管理がなければ実現できません。

しかし実際は仕上げ材などを使わないと、ひび割れやさび・汚れ・耐久性などに問題が起こることもあり、コーティング処理などを行った方が良いとされています。

コンクリート打ちっぱなし住宅のメリットは?

おしゃれな外観

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、仕上げの行程を省いた状態で完成とします。
それゆえ大胆でスタイリッシュで、クールな雰囲気となります。

大きな空間を作ることができる

木の住宅では柱で住宅を支えなければなりません。
しかしコンクリート打ちっぱなしの住宅では、頑強なコンクリートの壁で建物を支えますので柱を必要としません。
それゆえ広々とした空間の住宅を作ることができます。

広々とした空間ができれば、家族がそこに集まり談笑し明るいマイホームができるに違いありません。
またリビングが広ければ、友人や親戚を呼んでステキなパーティを楽しむことができるでしょう。

耐火性に優れている

コンクリート打ちっぱなしの住宅の最大の特徴は、素材が火に強いということで1000度以上になっても燃え落ちることはありません。
ですから都心のように家と家が隣接していても火事が起きても心配はありません。
それゆえ火災保険や地震保険も木造住宅と比べると大幅に保険料を低減することができます。
これは大きなメリットと言うことができるでしょう。

防音性に優れている

近所の人と音や声でトラブルを起こすというのは嫌ですよね。

コンクリート打ちっぱなしの家は、木材などの素材の家と比べると防音性に優れています。
それゆで音や声で近所の人といさかいを起こすことはまずないと言えます。

ピアノを習っている人や楽器を楽しみたい人、家でシアターを楽しみたい人などにとってはおすすめの住宅といえます。
特に地下にシアタールームや音楽ルームなどを設ければ、大音量でダイナミックな音を楽しんでも何の心配もないでしょう。
また自宅からの音漏れで心配するだけでなく、近隣の住宅からの音や声なども遮断されますので、快適な毎日を送ることができます。

コンクリート打ちっぱなし住宅のデメリットは?

コンクリート打ちっぱなし工事には高い技術が必要

コンクリート打ちっぱなし住宅は、温度を保つためのきめの細かい管理と高い技術が必要です。
またコンクリートを打設する場合には、一気に行わないときれいに仕上げることはできません。

うまくコンクリートを打設できないとコンクリート表面に気泡ができたり、空洞ができたり、強度が低下したり、ひび割れができたりします。
良い打ちっぱなし住宅を建てられるか否かは、腕の良い施工業者が見つかるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

カビが発生する心配があります

新しい住宅に住んでシックハウス症候群になったという話はよく聞きますよね。

コンクリートはセメントと砂利を混ぜ合わせ水を加えることで強い強度の素材を作ります。
その時に加える水はコンクリートが凝固した後、3~8年程度の時間をかけて水分が抜けていきます。
水分が抜けるまでの3~5年ほどは家の中に水蒸気があるわけで、これによりカビや結露が発生しやすい状態にあるわけです。

シックハウスは建材や家具などに塗られている化学物質や、カビやダニなどによる部屋の空気の汚れにより起こります。
カビはアレルギーの原因であり、気管支ぜんそくや鼻炎などを引き起こします。
またアオカビには肝臓がんや腎臓がんになる減になるとも言われています。
簡単にたかがカビなどと考えず、対策を行う必要がありますね。

コンクリート打ちっぱなし住宅に住む人は、冬は暖房器具を使用する場合には水を発生させる石油ストーブは避けなければなりません。
水分を発生しないエアコンを利用し、除湿器を使うなどきちんと湿気対策を行わなければなりません。

冬寒く夏暑く、光熱費がかかる

コンクリートは熱が伝わりやすい性質(熱伝導率が高い)があります。

それゆえ冬は外の冷気をストレートに室内に吸収しますので、暖房をしても暖まりにくくなってしまいます。
夏になると熱気を吸収し貯め込んでしまいますので、いくら冷房をつけてもなかなか涼しくなりません。
外見から考えると快適な住まいを実現できると思いがちですが、意外とそうでもないわけですね。

断熱対策をすることにより、外気熱を室内に吸収することをある程度抑えることができますが、他の方式の住宅と比べると光熱費はどうしてもかかることになってしまいます。

雨などにより汚れが目立ちやすい

コンクリートは先ほど述べたように、吸水性が非常に高いという性質があります。
その弱点をカバーするために外壁にタイル張りや塗装をしますが、コンクリート打ちっぱなし住宅の場合には仕上げ加工をしません。
従いまして雨のように汚れた水を吸収し、シミやカビなどが発生しやすく汚れやすい原因となります。

コンクリート打ちっぱなしの住宅の美しさを保つためには、光触媒フッ素コーティングを塗るなど何年かに一度定期的にメンテナンスする必要性があります。

軟弱な地盤には地盤改良が必要です

木造や鉄骨作りの家と比べコンクリートは重い素材ですので、地盤を選んで建てなければなりません。
もし軟弱な地盤に家を建てたいと思う場合には、専門家に調査を依頼し地盤改良をしなければなりません。

地盤を強化する方法としては、セメントを深く埋め込むセメント柱状杭や鋼管杭などの工法があります。
最近の工法としては、砕石の柱で建物を支える砕石工法や木の柱で地中から建物を支える木杭工法などがあります。

解体に多額のコストがかかる

コンクリート打ちっぱなしの家は木造住宅と比べると長持ちしますが、いずれ寿命を迎える時が来ます。

コンクリート住宅を解体するには、素材が丈夫で重量もあるので、大型重機を使わなければなりません。
解体された住宅は産業廃棄物として扱われますので、解体するにも処理をするにも多額の費用が必要となってきます。
代々引き継がれる家であれば、子供や孫に多大の負担を強いることになりますので、解体費用も用意しておくおことが必要でしょう。
また売却するにも更地にする必要があり、大きなコストがかかることを考えておかねばなりません。

Sponsored Link

打ちっぱなし住宅で快適に過ごすためには

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、今まで述べてきたようにメリットもデメリットもあります。
それではデメリットを克服して、住みやすい住宅にするためのご提案をいたします。

暑さ寒さ対策を万全に

コンクリート打ちっぱなし住宅は、夏は暑く冬は寒いですので、快適に住むためには対策を打つことが必要です。
その為には住宅の断熱性を高める方法を考える必要があります。
断熱性を高める方法としては、室内側に断熱材を充てんする内断熱工法と、建物の外側を断熱材で囲む外断熱工法があります。

これからコンクリート打ちっぱなし住宅を建てようと思う人は、外断熱工法がおすすめです。
この工法は断熱材で住宅を丸ごと覆いますので、外の温度変化をシャットアウトします。
工事が大掛かりですので、コストと工期は多少かかりますが、暑さ寒さ対策だけでなく、コンクリート表面の劣化を防ぎひび割れが起こるのを防止し、住宅の寿命を長くすることができます。
機密性は内断熱工法より高く結露も起きにくいですが、換気を十分に行う必要があります。
但しこの工法を採ると外観はコンクリート打ちっぱなしの感じはなくなります。

既にコンクリート打ちっぱなし住宅に住んでいる人は、比較的簡単にできる内断熱工法を採るのが良いでしょう。
この工法は建物の内側にウレタンフォームなどの断熱材を吹き付け、下地材を貼り付け塗装やクロスで仕上げます。
機密性は外断熱工法より悪いですが、施工は比較的容易ですのでリフォームに向いています。
但しこの工法を採ると、室内はコンクリート打ちっぱなしの感じはなくなります。

カビ対策を万全に

コンクリート打ちっぱなし住宅は、結露が起きやすくカビが生えやすい欠点があります。
カビはアレルギーの原因であり、ぜんそくや鼻炎・肝臓がんなどの原因となります。
先に述べた断熱材を充てんすることで、結露を減らすことができますが、十分でありませんので次に挙げる対策を合わせて行う必要があります。

1.窓ガラスをペアガラスや二重サッシに変え、開口部の断熱効果を高め結露を防止します。
2.コンクリートに防カビ材を塗ることでカビの発生を防止します
3.暖房は水分を発生する石油ストーブの使用はせず、エアコンを利用して除湿をします。
4.24時間換気を行い、室内に空気の流れを作ります。

まとめ

いかがでしたか?

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、夏は暑く冬は寒く結露が発生しやすく住みにくいと言われています。
しかし地震国日本では耐震性に優れている特徴は大きく、耐火性や耐久性にも優れ安心して住める大きなメリットもあります。
何と言ってもオシャレでスタイリッシュな雰囲気は捨てがたいですね。

欠点はコストをかけることによりカバーすることができますが、多少コストはかかります。
コンクリート打ちっぱなしの住宅のメリット・デメリットをよく考えベストな選択をしてくださいね。

家を査定するだけで400万円も高く売れた!

不動産価格ってどこで売っても同じと思っていませんか?

地域や不動産の種類によって、得意な業者、苦手な業者さんは分かれています。既に見込み客を多く抱えている不動産屋に依頼出来れば、早く・確実に・高く売れるので一括査定は間違いなくおすすめです。

登録はとても簡単!

3分くらいの入力を終えれば無料で査定が出来ます。

ざっくりとした相場を知って損をしないためにも一括査定は有用です。

Sponsored Link

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.