不動産売却

最新!もっと高く売れるマンション・不動産の買取・査定の流れ

更新日:

不動産の売却や買取、査定依頼は、不動産買取業者が多数掲載された一括査定サイトの利用がおすすめです。不動産の一括査定サイトは、査定依頼を申し込む前後において、さまざまな比較ポイントについて、簡単に比較することができるようになっています。

不動産の買取では、査定額が買取額に直結することがあります。

不動産やマンションを高く売るには、自己所有物件の適正価格を知り、買取が得意な不動産会社を探すことが重要です。

ここでは、不動産買取業者を中心に、優良な不動産業者が掲載されている不動産の一括査定サイトを紹介します。

Contents

おすすめのマンション・不動産の買取業者ランキング


通常の不動産の売却を考えている場合は、一括査定サイトの利用により、複数の優良業者への査定の申し込みが一度に可能となります。

担当スタッフの力や営業方針の違いなどがあるので、比較検討することにより自分に合った不動産買取業者を探すことができます。

多くの不動産会社に相談したい場合に使えるイエウール

https://lp01.ieul.jp/pclp/1776_a/

イエウールは、2006年よりサービスを開始した老舗の不動産一括査定サイトです。登録不動産会社数は約1500社以上となっており、他の一括査定サイトを圧倒しています。
全国を対象に不動産買取業者も含めて、最大で6社の同時査定依頼が可能です。

イエウールの累計利用者数はすでに1000万人を超えています。登録不動産会社数や利用者数は、不動産の一括査定サイトの中でもトップクラスの数と利用実績を誇っており、人気と実力を兼ね備えているサイトです。
不動産買取でも、大手から地域密着まで幅広い地域の不動産に対応しています。

全国とこからでも利用可能ですので、まずはイエウールで買取業者を比較検討して探してみましょう。

超大手のみ掲載され都市部に強いすまいValue

https://sumai-value.jp/

大都市圏に限定するなら、業界超大手6社のみが掲載されているすまいValueがおすすめです。

三井のリハウス、三菱地所ハウスネット、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介、小田急不動産の6社が利用できます。
すまいValueの一括査定サイトサービスの開始は、業界では遅く2016年です。

全国を対象に超大手の不動産会社6社の全国の店舗に対し、所有不動産の査定依頼が可能です。

特に三井、住友、東急の国内トップ3の不動産会社に一括査定依頼できるのは、すまいValueしかありません。

すまいValueは、後発の不動産一括査定サイトではありますが、年間10万人以上の利用実績があることから、安定した人気を誇っているといえるでしょう。

人口の多い都市部の不動産買取を考えているなら、すまいValueがおすすめです。すまいValueの不動産一括査定は、最大6社です。全国対応で無料で利用可能です。

老舗の不動産一括査定サイトHOME4U

https://www.home4u.jp/

HOME4Uは、NTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営する老舗の不動産一括査定サイトです。HOME4Uは、査定サービスの開始が最も古い2001年です。業界初の不動産一括査定サイトとして登場しました。

掲載不動産会社数は、約900社です。全国を対象に最大6社までの不動産一括査定依頼の申し込みができます。
これまでの累計利用者数も500万人を突破しており、大手の不動産一括サイトを利用するなら、HOME4Uも必ず候補に挙がるでしょう。一括査定サービスの歴史も古いので、ノウハウ等も蓄積されており、安心して利用できます。

NTTグループであることから個人情報の管理も徹底されています。

HOME4Uは、中堅企業や地域密着の不動産会社が登録されていますが、どんな会社でも登録されているわけではなく、厳選された優良業者のみが登録されています。

投資用マンションに強く最大10社査定のリガイド

https://www.re-guide.jp/

2006年にサービスを開始した老舗のリガイドは、登録不動産会社数は約550社で、大手の一括査定サイトでは、その数が少ないほうだといえるでしょう。

リガイドの大きな特徴は、最大同時査定依頼数が10社で業界では最も多いことです。他にも収益物件に強い一括査定サイトであることがわかっています。効率よく複数の不動産会社に査定依頼と比較をしたいのなら、リガイドがおすすめできます。

リガイドは、旧SBIグループが運営していた一括査定サイトです。運営歴も長く、老舗の一括査定サイトです。

FacebookやYahooからの情報を引き継ぐことができ、サイトの充実度や高い利便性は、他にはないメリットとして考えることができます。

不動産買取業者は無料の一括査定サービスがおすすめ


不動産買取業者を探すには、無料の一括査定サービスがおすすめです。
そのためには、前項でもご紹介したおすすめの不動産一括査定サイトをうまく利用して、自分の所有する物件に合った不動産の取引の実績が豊富な業者を選ぶ必要があります。

仲介と買取は全く違うからこそ業者選びは慎重に!

不動産の売却を検討していても、秘密で売却したい、今すぐに売りたい、買取とかできないものか、などの通常の売却活動では、時間や手間がかかってしまうような場合は、不動産の買取を検討したほうがいい場合があります。
不動産の買取を成功させるには、業者選びが最も重要です。売却の可能性も含めて、複数社に査定依頼を行い、買取価格なども検討する方法がおすすめです。
不動産の買取は、売却の仲介のように買いたい人が見つかるまで待つものではありません。
不動産の買取業者が直接売主から所有不動産を買い取る方法です。
買取価格は、売却価格の7~8割程度になってしまいますが、それ以上保有していても、固定資産税や管理費などがかかるため、その時点で買取を依頼したほうがいい場合があります。
売却の仲介を依頼しても、一定期間様子を見て売れないようであれば、買取してもらうことができます。
不動産の処分では、買取の可能性も含めて、柔軟に対応できる不動産会社、不動産買取業者を選ぶことが重要です。

売却より何が有利?不動産買取のメリット


売却価格よりも安くなってしまう不動産の買取ですが、デメリットばかりではありません。
不動産買取のメリットを知ると、時と場合によっては不動産買取のほうが得をする場合もあることがわかってきます。
ここでは、不動産買取に関するメリットについて解説していきます。

不動産買取の優れたメリットとは?

不動産買取は、売買仲介のように仲介手数料が発生しません。仲介手数料は、物件価格の約3%程度ですが、金額の大きな不動産では、数百万円~の違いになることがあります。
不動産を買い取ってくれるのは、個人ではなく、不動産買取業者です。買い手はプロの不動産屋です。売却後の瑕疵担保責任については免責となっており、売った後のトラブルも全くなく、安心して不動産取引を完了させることができます。
不動産買取業者は、その企業が用意できる現金の範囲内ではありますが、即金で所有する不動産物件を買取してくれます。スピード買取を行う不動産業者も多く、一週間以内や早ければ48時間以内などのスピード現金化が可能です。特に、買い替え、任意売却、転勤、相続時などの差し迫った期限のある方でも現金化しやすくなっています。
不動産買取なら、売却活動を行う必要がありません。売買仲介では売り手を探す必要がありますが、買取は依頼した不動産会社が直接買い取ることになるからです。
チラシを出したり、内覧に来たりするような煩わしい手間も一切不要です。誰にも知られることなく買取手続きを完了させることも簡単です。
不動産買取では、売りにくい不動産であっても対応可能です。例えば、既存不適格物件などの違法建築物、建物が建てられなくなった再建築不可物件なども、不動産買取業者なら対応してもらえるケースが多くなります。

Sponsored Link

収益不動産の買取はもっとシビア!


サラリーマンの方でも不動産賃貸経営を始める方が増えています。不動産に興味がなかった方でも不動産に関する知識や賃貸経営に関する知識を学べば、誰もが不動産賃貸経営を始めることができます。
そして、収益不動産であっても、いつかは古くなった物件の売却や建て替えの時期がやってきます。
不動産の「買取」という手法も不動産の活用・処分方法の一種です。
急に換金処分しなければならなくなった収益不動産は、買取業者に買取依頼をすることが多くなるでしょう。

収益不動産買取のポイント

不動産の収益物件は、長期的に安定した収益を生み出す資産です。しかし、築年数が経過すると、少しずつ価値が下がっていきます。建物が古くなると、希少価値のある資産ではありませんので、次第に資産価値も減少してしまいます。いつまでも収益を生み出す不動産もありますが、古くなれば、修繕費も増えますし、建て替えのリスクも高まります。そうなる前に収益不動産は売却するか、買取してもらう必要があるでしょう。
収益不動産を購入する時には、必ず予め、「出口戦略」を考えておく必要があります。

家賃収入はインカムゲインです。そして、最後に重要となるのが、不動産を売ったときの売却益です。これをキャピタルゲインと呼びます。インカムゲインがプラスでも、キャピタルゲインがマイナスになってしまい、トータルでの不動産賃貸による収支が赤字になってしまうことがあります。
また、購入時の価格よりも物件価格が下がったとしても、長期間賃貸収入があった場合は、トータルで考えた場合の収支がプラスになっていることが多いので、できるだけ高く売れるように売却活動に力を入れるだけです。

必ず今売った場合と、数年後に売った場合とを比較し、トータルのキャッシュフローをシミュレーションしてから、売却・買取のタイミングを検討するようにしましょう。
今すぐ売ったほうがいい、期限があって換金する必要があるという場合は、売却ではなく不動産買取業者による買取を検討してください。

マンション・不動産の買取保証の仕組みとメリット・デメリット


マンションや戸建て住宅などの不動産の売却・買取では、買取保証がついていることがあります。
ここでは買取保証の仕組みや注意点、メリットやデメリットについて解説していきます。

買取保証の仕組みとは?

不動産の買取だけではなく、売却でも「買取保証」を付ける不動産業者が増えています。
買取保証は、不動産買取のことと同じです。不動産会社が直接買い取ってくれる不動産の売却方法です。
車や骨董品の高価買取のように、買取価格に折り合いがつけば、必ず買い取ってもらえる仕組みです。

不動産の買取は、不透明な部分が多かった時代もありましたが、市場価格の7~8割程度で買い取ってもらえますし、不動産の買取一括査定サイトもあることから、あまり損をすることなく利用できるようになっています。

不動産の買取保証は、仲介と買取がセットになった売却方法です。
必ず買取価格と複数の不動産会社による査定額との差額を確認し、できる限り買取査定額を上げる努力をしてください。

買取保証のメリット

不動産の買取保証には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
売却の期限が決まっており、スケジュールが組みやすくなります。マイホームの買い換えでは、買取保証があると、つなぎ融資により、売却前に新しい家を購入することが可能となります。
もちろん、買取する前の売却活動中に希望の値段で売れれば、何も問題ありません。売却と買取の両方のメリットを享受できるのが、不動産の買取保証制度だからです。
不動産が売れないという心配もなくなり、あらかじめ買取価格が分かるので安心できます。

仲介手数料が不要、瑕疵担保責任も免責です。

チラシや広告宣伝などの売却活動が不要で、内覧の対応も必要ありません。そのままの状態で買い取ってくれますので、リフォームにかける費用もいりません。

買取保証のデメリットや注意点

不動産の買取保証を利用する際には、少なからずデメリットや注意点があります。
買取価格は、間違いなく相場価格の7~8割になり下がります。もちろん、査定額を上げる工夫をすれば、最大90%程度の買取価格になります。
仲介期間中は、価格制限がつけられていることがあります。期間が経過すると徐々に下がっていきますのでよく確認してから不動産会社を選びましょう。

どんな物件でも買取保証がつくわけではなく、買取保証がつけられない不動産物件もあります。

買取保証がついた媒介契約は、専任媒介契約がほとんどです。最長3か月間は、他の不動産会社と並行して契約することはできません。
また、売却活動はほどほどに行い、買取に誘導する不動産会社もありますので、売却や買取の査定額については他社とよく比較して相場価格になるように調整していきましょう。

区分マンション買取時の注意点


区分マンションを高値で買い取ってもらうには、特定の買い手を見つける必要があります。

不動産業者選びにも、査定額や買取価格だけではわからない要素がたくさんありますので、高値で買い取ってもらえる不動産業者を探して買取査定を依頼する必要があるでしょう。

不動産を高値で買い取ってもらうコツ

区分マンションを高値で売りたいと思うなら、区分マンションの取り扱い実績が豊富な不動産会社を選ぶことが第一です。区分のワンルームマンションは、市場に数多く出回っており、毎日のように売買されています。

不動産投資で中古の区分ワンルームマンション物件を購入する初心者の投資家が増えており、賃貸に出せるような状態の中古物件であれば、不動産会社でも積極的に買取するケースが増えています。

不動産の買取業者でも、中古区分ワンルームマンション物件を欲しがっている会社がたくさんあります。相場よりも高値の値段で買取価格の交渉をしても、買ってもらえる場合があります。仲介業者を挟んで交渉を代行してもらうと、個人での直接依頼よりも高値での買取価格で成約することがあります。海外への投資家へのアプローチなども個人ではできませんので、仲介業者を上手に使う必要があるでしょう。

Sponsored Link

賃貸マンション買取時の注意点


賃貸マンションの買取とは、現在賃貸中のマンションを買い取ってもらうことです。
賃貸中のマンションを購入するのは、オーナーチェンジ物件を購入する不動産投資家になりますが、他にも今居住している方が購入する場合もよくあることです。
こうした賃貸マンションを売りたい、買い取ってもらいたいときの注意点についてみていきましょう。

オーナーチェンジ物件の買取

現在賃貸中のマンションの場合は、オーナーチェンジ物件です。
オーナーチェンジ物件は、購入後すぐに家賃収入が得られるというメリットがあります。
自分で住むことができませんので、不動産投資家への売却や不動産買取業者に買い取ってもらう方法がベストです。
オーナーチェンジ物件の売却での注意点は、マンションは、空き家のほうが売りやすいということです。場合によっては売り出し価格が空き家よりも安くなってしまうことがあります。
こうした場合は、一定期間の売却活動を経て希望価格で売れないときには、不動産買取業者に買い取ってもらったほうが、無駄な手間や時間をかける必要がなくなります。
オーナーチェンジ物件は、物件購入後のトラブルが多く、購入者も限定されます。不動産買取業者なら、そうしたトラブル対処にも慣れているので安心できます。

居住者に売却・買い取ってもらう方法

収益物件のオーナーにとっては、居住者や賃借人に買い取ってもらう場合は、面倒な手間も費用があまりかかりません。
修理費用や広告宣伝費も不要です。仲介業者が間に入ると仲介手数料がかかります。
賃貸中の収益物件で立ち退きを要求すると、引っ越し費用を請求されることもありますので、事情をよく知る賃借人であれば、強気の値下げ交渉で買取価格を提示してくる場合があります。
即お断りではなく、値引きや手数料割引の交渉の話が出れば、居住者に買い取ってもらえる可能性が高くなります。相場価格を大きく下回らない買取額なら、そのまま買い取ってもらったほうがいいでしょう。

マンション買取価格の目安と相場価格


マンション買取価格の目安や最新相場を知りたいと考えている方は、ぜひ不動産一括査定サイトを利用して、効率よく調べるようにしましょう。
そして、不動産業者や金融機関が評価するマンション価格の基準も参考にします。

マンション価格を調べる方法

不動産業者や金融機関では、プロ向けの評価基準があり、管理規約、長期修繕計画、修繕積立金、法定点検、共用部分の維持管理状態、専用部分の維持管理状態、大規模修繕計画などの項目から評価されています。
マンション購入者は、それぞれが自由に価値のある項目を判断し、売り出し価格や相場と比べて高いのか、安いのかを決定しています。買取価格は、売却の相場価格の7~8割程度です。
買取価格は、分譲した会社に問い合わせてみたり、新しく購入する不動産の下取り依頼をしたり、地域の不動産業者やマンション買取専門業者などに査定依頼をしたりして判断します。
さらに国土交通省の土地総合情報システムを確認し、不動産取引価格情報から、買取相場を判断します。
最終的には、全国規模の不動産一括査定サイトの利用による、複数社への査定依頼による参考買取価格の結果の収集を行うといいでしょう。

スピード重視の不動産買取の流れ


不動産買取は、「買取すること」が決定すれば、スピーディーに手続きが行われます。現金化も早いので、売却や換金を急いでいる方におすすめできる不動産の処分方法です。

不動産買取の流れを簡単に!

まず最初に、無料の不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社に査定を依頼します。
一度に6~10社の査定依頼ができる一括査定サイトが多いので、複数の会社による査定結果がわかります。
査定の結果、所有不動産を買取できないという会社が出てくることがあります。
査定結果をよく見て、売却価格や買取会社をよく比較検討して絞り込んでいきます。
査定結果については、買取会社にも問い合わせが可能です。納得の行くまで疑問点を解消しておきましょう。
買取を依頼してみたい買取会社が絞り込めたら、買取会社との打ち合わせや物件調査・現地調査の他、買取に関するいろいろな点についての確認を行います。
買取に関しては、仲介手数料は不要となり、買取価格に合意できた場合は契約することになります。
買取後の売却代金の支払いは、最短で3日程度のところが多く、たいていは1週間以内に現金化ができます。

相続時の不動産共有持分買取で困ったときは専門業者に相談!

相続などで、不動産の共有持分を相続することがあります。
不動産の共有持分は、一人ではなく、他の相続人が複数いる状態です。困ったことにこの不動産を売却するには、共有者全員の同意が必要となっています。
不動産の共有持分を取得した場合、他の共有者と揉めることが多く、意見がまとまらないことが多くなっています。
そのような場合は、不動産の共有持分の買取を得意とする専門業者を見つけて相談するべきでしょう。
専門家による共有者全員の調整が行われた後、売買や買取により複雑な問題を解決できるはずです。

共有状態を解消して買取したほうがいい理由

不動産の共有持分を持つ人は、自由に売却することができます。
ところが、銀行のローンが利用できませんし、現金で購入してもその不動産を自由に使えるわけではありません。身内以外の第三者の購入者がなかなか現れないことが多く、共有持分の売却活動は難航します。
第三者が購入すると、身内ではないので交渉が必要ですし、トラブルになることがあります。このような場合は、不動産買取業者が、全ての共有持分の買取を行うことで、各共有持分を現金化して分配することができます。
不動産を手放すことにはなりますが、個人では活用しにくい不動産を処分し、現金化できますので複雑な権利関係も全て解消できます。
これらの問題は、不動産の共有持分の買取についての取扱経験が豊富で、実績もある不動産会社に相談すれば必ず解決できるでしょう。

不動産・マンション買取 まとめ

最新のマンション・不動産の買取・査定の流れについて参考となる事柄についてまとめました。
不動産の買取・査定においても、不動産一括査定サイトは必ず使います。
不動産一括査定サイトを上手に活用すれば、所有されている不動産も相場よりも高値で買い取ってもらえるはずです。

家を査定するだけで400万円も高く売れた!

不動産価格ってどこで売っても同じと思っていませんか?

地域や不動産の種類によって、得意な業者、苦手な業者さんは分かれています。既に見込み客を多く抱えている不動産屋に依頼出来れば、早く・確実に・高く売れるので一括査定は間違いなくおすすめです。

登録はとても簡単!

3分くらいの入力を終えれば無料で査定が出来ます。

ざっくりとした相場を知って損をしないためにも一括査定は有用です。

Sponsored Link

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.