不動産売却

ネット銀行って便利なようですが、デメリットはないの?

更新日:

初めてネット銀行を利用するときは、誰もが「ネット銀行って」と戸惑うのではないでしょうか?
セキュリティに心配はないか、銀行が破綻する心配はないのか、など心配な面も多々あると思います。

しかし使ってみれば24時間営業ですし、振込手数料もお得、何と言っても居ながらにして取引ができるので大変便利です。
そこで今回は便利なネット銀行のメリットをご紹介しつつ、デメリットについても深堀してご紹介いたします。
これからネット銀行を利用したい方は、ぜひお読みいただき参考にしていただきたいと思います。

ネット銀行ってどんな種類があるの?

ネット銀行はネットバンクとも言い、端的に言えばインターネット上で取引ができる銀行です。

ネットで取引できる銀行には、普通の銀行が取引の一環として行うオンラインバンキング、都市銀行や地方銀行の支店の形をとるもの、専業のネット銀行、の三種類があります。

オンラインバンキング

オンラインバンキングは3大メガバンクや地方銀行などがサービスの一つとして行っており、通帳も発行し支店での取引は従来と変わらずにネットと窓口を併用できます。
金利や入出金手数料は支店で行う条件と一緒ですが、ネットでの振込手数料などは優遇されることが多くなっています。
ネット上で振り込み・入出金明細書照会・残高照会ができ、住所変更などの個人情報もネット上から変更することができます。
三大メガバンクでは三菱東京UFJ銀行は「三菱東京UFJダイレクト」、三井住友銀行は「SMBCダイレクト」、みずほ銀行は「みずほダイレクト」、ゆうちょ銀行は「ゆうちょダイレクト」という名称でサービスを行っています。

インターネット支店

インターネット支店は都市銀行に多く、ネット専用の支店を開設し、店舗とは別にサービスを提供します。通帳を発行しない代わりに、預金金利を高くしたりや手数料が安くなるメリットがあります。
愛媛銀行の「四国八十八ヵ所支店」やスルガ銀行の「ダイレクトバンク支店」などがあります。

ネット銀行

ネットバンクはネット上でサービスを行うネット専業銀行で、店舗を持つことはありません。それゆえコストが低減でき、預金金利を高くでき手数料を安くすることができます。
またネットショッピングなどの支払いには便利ですが、窓口では相談することはできません。
主なネット銀行にはジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、ソニー銀行、楽天銀行などがあります。

ネット銀行のメリットは何?

インターネット上で取引ができる

暑い時や寒い時・体調の悪い時などに、どうしても銀行に行かなければならないのは面倒ですよね。

銀行の支店というものは大体駅周辺にあり、自宅の周辺にはほとんど店舗はありません。
それゆえいつも駅を利用するようなビジネスマンなどには便利ですが、定年退職したようなあまり外に出かけない人には、家から離れてあり便利とは言えません。
ネット銀行を利用すれば、自宅にいるままでパソコンやスマホから残高確認・入出金の照会・振り込みなどができますので大変便利です。

24時間取引をすることができる

ネット銀行は、24時間営業をしていますので、夜遅くでも朝早くでも利用できます。
特にオークションやネットショッピングなどを利用する人は、夜取引をする場合も多く、また休日でも振り込みの手続きはできますので便利です。

普通の銀行と比べて預金金利が高い

ネット銀行は、店舗を持たず預金通帳もなくネット上で取引ができますので、人件費も削減できコストを押さえることができます。
それゆえネット銀行は預金金利は高く設定されているのが普通です。
普通の銀行に預けておくなら、少しでも金利の高いところに預けた方がお得ですよね。

振込みや手数料や入出金手数料もお得

ネット銀行はコンビニでのATMの入出金手数料は無制限ではありませんが、無料でできるところがほとんどです。
特に新生銀行や住信SBIネット銀行では、セブンイレブンやローソンなどのATMを一年中無料で何度でも入出金できます。

また振り込み手数料についても同じ銀行宛の振り込みについてはどこでも無料であり、他行宛についても普通銀行と比べると大幅に安く利用することができます。

有利なネット銀行住宅ローン

住宅ローンの利用にあたっては通常は保証会社を通しますので、数十万円の保証料がかかることがあります。
ネット銀行の場合には保証会社を通しませんので、保証料が発生することはありません。

また普通の銀行の場合には、繰り上げ返済をするには手数料がかかりますが、ネット銀行の場合には手数料がかかりません。
しかも一万円程度から何回も返済できますので、無駄な金利を最小限に押さえることができます。
住宅ローンに特化しているARUHIの「フラット35」は業界最低水準の金利で、取り扱いシェアNo.1とされています。

便利なネット銀行ですが、デメリットは何?

入出金可能なコンビニのATMが限られている

ネット銀行は、店舗がありませんので、現金の入出金はコンビニのATMで行うことになります。
その場合ネット銀行によっては利用できないコンビニのATMもあります。
対応しているATMがない場合には不便ですので、前もって利用する前に確認しておく必要があります。

店舗がないのは不安?

貯金の入出金や振り込みなどの機能については、店舗がなくとも特に不安を感じる人はいないと思います。

但し、住宅ローンや資産の運用などの相談事については、不安に思う人もいるでしょう。
ネット銀行ではほとんどの場合はメールや電話によって相談をします。
楽天銀行ではSkypeで相談できたり、イオン銀行やARUHIソニー銀行などでは住宅ローンの窓口があり相談にのってくれます。

またパソコンで操作の仕方がわからなかったら、どうしたらいいのと思う人もいると思います。
ネット銀行ではコールセンターやお客様相談室で電話応対してくれますので、心配はありません。

通帳がないのは不便

普通の銀行ですと過去の利用履歴を一覧で見られますが、ネット銀行では通帳がありませんので、ペーパーで確認することはできません。
しかしパソコンにより過去のデータを引き出すことができますので、毎日パソコンを操作している人にとっては特に不自由を感じることはないでしょう。
パソコンにより諸事の整理をしている人には、むしろ便利に感じるかもしれません。

公共料金などの引き落とし口座に指定されていない場合がある

ネット銀行によっては、公共料金や税金の引き落とし口座に指定されていない場合もあります。
またクレジットカードの支払いに対応していないネット銀行もありますので、多少不便を感じる人もいるでしょう。
他方ほとんどのオンラインバンキングの場合には公共料金や税金、クレジットカードの引き落とし口座に指定されていますので、併用した方が便利です。

ネットバンクの破綻や倒産はないの?

ネット銀行も普通の銀行と同様に破綻や倒産をした際には、ペイオフの対象となります。
したがいまして1000万円と利息については預金保険機構荷より保証されます。
またネット銀行は大手企業が後ろ楯になっている場合がほとんどですので、安心して取引をすることができるでしょう。

ID・パスワードを忘れるとログインできない

ネット銀行は、IDやパスワードでログインし取引を行います。
従いましてIDやパスワードを忘れてしまうと、お金を引き出すことも振り込むことも不能になります。

パスワードがどうしても思い出せない場合には、ネットで顧客センターに連絡し封書など他人に知られない形で案内をもらうことになります。
この間しばらくはネット銀行を使えなくなりますので、IDやパスワードをきちんと管理しておくことが大事です。

都市銀行などのオンラインバンキングを利用している人については、ATMや窓口も利用できますのでさほど困ることはありません。
パソコンでの取引に慣れない人は、オンラインバンキングから始めるのも良いでしょう。

Sponsored Link

実は一番大きなデメリットはセキュリティ不安?

インターネットを利用するうえで利用者がもっとも不安に思う事は、ネット上の犯罪です。
従いまして大事なお金を、ネット銀行に預けて大丈夫なのかと心配する人が多くいます。

例えば銀行を装ったメールを送り、偽の銀行のホームページに誘導しID やパスワードを盗もうとするようなことはたびたびあります。
しかしネット銀行では様々な対策が行われており、各個人もきちんと管理すればまず問題は起こらないと言えます。

ネット銀行側の対策

ネット銀行ではIDとパスワードによりセキュリティ対策を行っていますが、それに追加する形でセキュリティを強化している銀行が多くあります。

その一つがトークンと言うタイムパスワードの生成機械の活用です。
ジャパンネット銀行では、このトークンで生成される第二パスワードをインプットすることでセキュリティを強化しています。
このトークンに表示される数字1回だけ利用でき、1分後には消えますので安全です。

また楽天銀行などでは携帯メールでワンタイムパスワードを送付し、それを顧客が入力する方法をとっています。

また新生銀行などは乱数表を利用して、数字やアルファベットを入力するような仕組みをとっています。

三菱東京UFJ銀行では独自のウィルス対策ソフトを推奨し、郵貯ダイレクトではメールのパスワードのほかに合言葉を入力する対策を行っています。

顧客側ですべき対策

パソコンを利用している人でウィルス対策ソフトを導入していない人は、まずいないと思います。
これについては対策ソフトを忘れずにアップデートし、ソフトがアクティブになっていることを確認しておく必要があります。

ほかにもウィンドウズや各種ソフトウエアのアップデートは忘れずにおこない、脆弱性を狙った攻撃を排除することが必要です。

またパスワードについては簡単に推測されるような文字列にしないこと、定期的に変更するなどきちんと管理しなければなりません。

顧客に過失がなければ全額保証されます

顧客がきちんと対策を行っても預金が不正に引き出されたら、ネット銀行に対する不信は募りもう利用しないということになりますよね。

そこで全国銀行協会では預金者に過失がない場合には、預金額をすべて保証すると言う風に発表しています。
但し、全額補償を受けるためには被害が起きた30日以内に銀行に連絡し、警察に被害届けを出さなければなりません。
もし預金者にも過失があれば、どこまで補償してくれるかは銀行との話し合いになります。
預金者個人もきちんと管理し過失のないようにし、ネット銀行を使いこなさなければなりませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ネット銀行のデメリットとは、インターネットのセキュリティや破綻・店舗のない心配などで、デメリットと言うよりも不安ということではないでしょうか。

しかしネット銀行の不安というものはさほど心配することはなく、メリットの部分の方が圧倒的に多いと思います。
ネット銀行の良い面に着目し、上手に利用するようにしましょうね。

家を査定するだけで400万円も高く売れた!

不動産価格ってどこで売っても同じと思っていませんか?

地域や不動産の種類によって、得意な業者、苦手な業者さんは分かれています。既に見込み客を多く抱えている不動産屋に依頼出来れば、早く・確実に・高く売れるので一括査定は間違いなくおすすめです。

登録はとても簡単!

3分くらいの入力を終えれば無料で査定が出来ます。

ざっくりとした相場を知って損をしないためにも一括査定は有用です。

Sponsored Link

-不動産売却

Copyright© 不動産売却のいろは , 2018 All Rights Reserved.