「マイホームの資産価値を知ること」=「ディズニーランドで○○すること」

 

夢のマイホームを手に入れて3年。

上司が教えてくれた、我が家の状況に「ヤバイ」と思った。

せめて、資産価値だけでも調べておかないと・・・

それって、危うい状況じゃない?

妻のお腹には2人目の子どもがいます。

33歳、営業(医療機器卸)一筋の10年目。

住宅ローンはあと27年もあるし、一家の大黒柱として健康管理には気をつかっています。

 

そんなある時、尊敬する上司が

「お前の家、今、いくらで売れる?」

と真顔で聞いてきました。

最初、上司の言っている意味が???だったのですが、話を聞くうちに納得。そういうことか!!

  • 戸建て・分譲マンションの購入金額が2,000万円~4,000万円くらい
  • 長期住宅ローンを組んでいる
  • 預貯金が2,000万円未満

もし私と同じく、この3つの条件に当てはまる方は、続きをご覧ください。

きっと、あなたやご家族にとって役立つ話ですから。

 

家庭の資産(財産)偏りすぎていませんか?

設問:AとBで健全なのはどちらでしょうか?

誰が見てもAですね。異論はないと思います。

しかし、多くのご家庭ではBの状態になっています。

例えば、3,000万円のマイホームを購入したら

  • マイホーム:3,000万円
  • 預貯金:3,000万円
  • 株式:3,000万円

資産総額が1億円近くないと健全に分散されているとは言えません。

ちなみに、池上彰さんの番組のなかで、資産1億円を持っている日本人は、23人に1人と紹介されていました。

裏を返せば、23人に22人は資産1億円未満。

残念ながら多くのご家庭では、資産(財産)がマイホームに通っていることが想像できます。

事実、うちもそうでした

株もやってないので、、、

こんな感じで、財産のほとんどマイホームです…(汗)

さらに、マイホーム購入資金の内訳ですが、

8割が住宅ローンになっています。。

こうなると、現時点での私の本当の資産額は、思ってたより少ないことが分かりました。

マイホームが最大のリスクになっていますね・・・

 

今は大丈夫でも、、ジワジワと蝕まれる日本社会。10年後、20年後も大丈夫と言い切れますか?

ここで一旦、マイホームに関するリスクを考えてみます。

パッと思いつくのは

  • 住宅ローンの返済リスク

他にも、

  • 辞令が下り転勤が決まった
  • 減給された、又は想定通りに昇給しない
  • 増税によって家計が苦しくなる
  • 子供の学校生活で深刻な問題が発生する
  • 些細なことから町内会で村八分にされてしまった
  • お隣さんにヤバイ人が越してきた

仕事の都合や人間関係のトラブルからマイホームに住めなくなるリスクもあります。

これらはいつ起こるか分からない事ですが、

上司曰く、危機意識を持っているなら、マイホームの資産価値を知っておくことは「常識」レベルとのこと。

少なくとも、

  • 今、売った場合の売却相場
  • 今、貸した場合の家賃相場

この2つは定期的にチェックしておきたいところです。

不動産査定サイトを使えば、無料でプロの人が、正しい家の相場を査定してくれます。

 

リスクといえば、他にもあります。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」

という書籍をご存知ですか?

一時話題になりました。中身を一部をご紹介すると、

  • 2016年 出生数は100万人を切った
  • 2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位が揺らぐ
  • 2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
  • 2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
  • 2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
  • 2025年 ついに東京都も人口減少へ
  • 2026年 認知症患者が700万人規模へ
  • 2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
  • 2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
  • 2040年 自治体の半数が消滅の危機に

目を覆いたくなる状況ですが・・・

あなたのライフプランにこれらの事象は想定されていますか?

 

あくまでも予測です。

しかし、妄想ではありません。

 

家族を守る立場として、様々なリスクを想定し、情報収集をしておく必要はありますよね?

人生は思ってるより長いのに、国や会社からの保障は減るばかりです。

「老後資金として2,000万円必要」

金融庁の報告書が問題になったばかりですが、国民皆保険制度も危機に瀕しています。

国や会社は守ってくれなくなりました。家族を守るには、あなたが動くしかないのです

マイホームの危機を想像してみてください

例えば、あなたに中学1年生の娘がいると仮定します。

その子の学校生活で深刻な問題が起きて、転校・引越しを早急に検討することになりました。

こうなった場合、

必ず「マイホームをどうするか?」ということで悩みむと思います。

どういう決断にせよ、選択肢は3つ。

  1. そのまま
  2. 売却する
  3. 人に貸す

その時、定期的に情報収集している人であれば、

今なら2,000万円前後で売却できるので、ローン残高を一括返済しても800万円は手元に残る。

不動産屋から、中古だけど4人家族にぴったりな物件が○○市にあると勧められていた。○○市は若い人の移住者が多く活気があるし、通勤も便利になる。

今住んでいる地域は空き家率が急上昇していると聞くし、賃貸に出しても住宅ローンが賄えない。そもそも借り手が見つからないだろう。住み替えるなら、今が最後のチャンスかもしれない。

 

一方、何も情報収集していない人では、、

住宅ローンがまだ1,000万円以上も残っているし、、どうしよう。

もし、マイホームを売ったとしてローンが一括返済できるのか分からない、、、

仮にマイホームを売却、ローンを完済したとして、どこに引っ越す?

とりあえず中学を卒業すれば、進路はバラバラになるし、それまで娘には我慢してもらうか。。。

 

結果的にどちらが正しいかは分かりません。

あくまでも例え話ですし、他にも選択肢はあるでしょう。

ただ、娘の危機に対して「よく分からないから」といった理由で、我慢を強いるような親にはなりたくないですよね。

であれば家族を守るために、マイホームの資産価値くらいは知っておくべきです。

あなたはどう思いますか?

 

マイホームの資産価値を知ること=ディズニーランドで必ずすること

ディズニーランドに行ったとき

「迷子になったら、シンデレラ城に集合!」

もしもの時を考えて、家族や友達と集合場所を決めていませんか?

「迷子になったら、シンデレラ城に行けば良いんだ」

これを知っているだけで安心ですよね。

本当に迷子になったとしても、シンデレラ城を目指せばみんなと会えることが分かっているので、パニックにならず冷静に行動できます。

マイホームの資産価値を知っておくことも似ています。

「マイホームの資産価値という情報」

を持っておくことで、もしもの時に慌てずに冷静な判断が下せます。

 

ぜひこの機会に調べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイホームの資産価値(売却相場・家賃相場)はご自身で計算することが出来ます。

とはいえ、、少々ややこしいので、初めて調べるならこちらの方が楽です。

https://ieul.jp/

イエウールという査定サイトなのですが、登録(無料)しておくと、あなたに代わって専門家が相場を算出して教えてくれます。

自分で計算すると、どうしても主観が入ってしまいます。「客観的に評価してもらう」という点からもプロに調べてもらう方が間違いありません。

Copyright© 不動産売却のいろは , 2020 All Rights Reserved.